SPORTS TOWN

東京2020大会の感動と興奮をサイクリングで味わおう

東京2020大会の感動と興奮をサイクリングで味わおう

「東京2020オリンピック自転車競技ロードレース」の会場となった御殿場市では、市域で行われた東京2020大会の感動と興奮を後世に継承するため、大会エンブレムや記録が刻まれた「レガシー銘板」を御殿場市内7箇所に設置しました。
▼レガシー銘板の詳細はこちらをチェック!
https://2020games.spotogotemba.com/post-1941/

また、2022年3月19日(土)には、「オリンピアン田代恭崇さんと走る!2020ロードレースコース周遊ツアーin御殿場」を開催し、抽選で選ばれた5名のサイクリストがこの7つの「レガシー銘板」と御殿場市周辺のオリンピック自転車競技ロードレースのコースを巡りました。ツアーの様子を振り返りながら、レガシー銘板を巡る魅力、楽しさを感じてみましょう!

■コース紹介

御殿場市を起点とした東京2020オリンピック自転車ロードレースコースの周遊と新設された「東京2020レガシー銘板」を巡るコース約120km
https://ridewithgps.com/routes/38567202

■7か所のレガシー銘板を巡る

○受付・集合・ブリーフィングの様子
当日は小雨の中、開催となりました。ブリーフィングとして、スタート前にサイクリングガイド田代氏によるコース紹介や手信号の説明がありました。

○スタートの様子、記念撮影
出発地点の「富士山御殿場・はこね観光案内所」前で記念撮影をしたあと、先頭に田代氏、最後尾に田代氏のサポートとしてサイクリングガイド資格を保有する松本氏が帯同してスタートしました。

○第1スポット:乙女駐車場
「乙女ハッピーコールベル」がある乙女駐車場で記念撮影を行いました。当日は曇りのため残念ながら見られませんでしたが、晴れた日には富士山の絶景が目の前に現れる絶好のフォトスポットです。その後は箱根スカイライン入口を経て登り基調のコースは順調に進みました。

○第2スポット:秩父宮記念公園
東京2020オリンピック聖火リレーでは秩父宮記念公園をスタートし、11人の聖火ランナーが希望の火をつなぎました。
「スポーツの宮様」として国民に愛された秩父宮殿下のご別邸を整備した四季折々の豊かな花々が彩る公園です。

○第3スポット:昼食(肉食堂イチバン星)
トイレ休憩で「時之栖」に立ち寄った後、「肉食堂イチバン星」で昼食をいただきました。ランチメニューには焼肉定食もあり、“サイクリング途中に焼肉を食べたのは初めてでしたが、とても美味しかった”という声も!

○第4スポット:市立原里小学校西門、第5スポット:旧玉穂支所跡地
御殿場市は、市立原里小学校と市立玉穂小学校、柴怒田地区コミュニティ供用施設前市有地でコミュニティライブサイトを開設しました。当時の様子を撮影した写真には、実際に選手が走っている姿も映っており、現地と照らし合わせながら、「大会当時はこの場所を走っていたんだな」と想像を膨らませながら楽しんでいる参加者の様子が見受けられました。

○第6スポット:柴怒田地区コミュニティ供用施設前
柴怒田地区コミュニティ供用施設前にもレガシー銘板を設置しました。ここでも当時の様子の写真と共に振り返りました。

○第7スポット:(株)オカムラ御殿場事業所前(上柴怒田)
上柴怒田地区は、男女ロードレースと個人タイムトライアルの3日間レースが行われた日本有数のスポットです。激しい駆け引きがあった急坂の前には、オリンピックコースを背景に自転車と記念撮影が出来るモニュメントを設置しました。市外から訪れるサイクリストのランドマークになります。

○第8スポット:富士スピードウェイ西門、第9スポット:道の駅ふじおやま
富士スピードウェイで記念撮影と、トイレ休憩・お土産購入のため道の駅ふじおやまに立ち寄りました。

○第10スポット:御殿場市役所本庁舎玄関、第11スポット:御殿場駅富士山口広場
御殿場市役所の玄関前には、大会を契機とした空手のイタリア代表とのホストタウン交流の銘板が設置され、大会当時の交流の様子が伺えました。また、ツアーの最後に、東京2020ライブサイト会場になった御殿場駅前のレガシー銘板を前に、記念撮影を行いました。

■御殿場の新たなサイクリングコースへ

各所のレガシー銘板では、田代氏による各レガシー銘板の説明を受け、それぞれ記念撮影を行いました。また、大会当日や聖火リレーの様子の写真と実際の場所を照らし合わせて、当日行われた場面を想像したり、レガシー銘板と記念撮影をしたりする参加者が見受けられました。参加者は、サイクリストウェルカムの取り組みや地域の魅力を存分に味わいました。

■コース監修/サイクリングガイド:リンケージサイクリング 田代恭崇氏
サイクリングプランナー/アテネオリンピックプレイヤー
大学サイクリング部で自転車ロードレースを始め、卒業後プロに転身。
10年間チームブリヂストンアンカーに所属し、ヨーロッパプロレースや全日本選手権等多くの優勝を飾る。
04年アテネ五輪日本代表。07年で選手を引退し、08年ブリヂストンサイクル株式会社に入社。
13年“世界一過酷” なアマチュアサイクリストの祭典 “オートルート・アルプス” で日本人初完走を果たす。
13年同社を退社し、14年フリーランスとしてサイクリングの魅力を伝える活動を始める。
同年、サイクリングガイドツアー、サイクリングイベント、スクール、コーチを行うリンケージサイクリング株式会社を創業。
■イベント概要

開催日:2022年3月19日(土)
主催:御殿場市スポーツタウン推進連絡会
運営・事務局:一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン
協力:リンケージサイクリング株式会社