SPORTS TOWN

富士山の麓で満喫、スポーツライフ

無料観戦エリアが充実!三井住友VISA太平洋マスターズの新しい楽しみ方

無料観戦エリアが充実!三井住友VISA太平洋マスターズの新しい楽しみ方

2019年11月14日~17日の4日間、日本を代表するゴルフのビッグトーナメント「三井住友VISA太平洋マスターズ(以下、太平洋マスターズ)」が開催されました。会場は、2018年10月に全面改修を行った太平洋クラブ御殿場コース。この世界基準に生まれ変わったコースを舞台に、国内外で華やかな戦績を残すトップ選手たちが熱い戦いを繰り広げました。

太平洋マスターズでは、昨年から、土・日限定で5番、6番、7番ホールを無料観戦エリアとしています。さらに無料観戦エリア内にあるミニプラザでは、地元飲食店の出店や子どもから参加できる体験コンテンツが用意されていて、家族やカップルで気軽に楽しめるイベントに進化しているのです。ゴルフ観戦に留まらない、エンターテイメント性に溢れるこのトーナメントの模様をご覧ください。

アマ選手が優勝! 8年ぶりの快挙に盛り上がった最終日

日本ゴルフツアー機構公認のトーナメントである太平洋マスターズは、数々の熱戦が行われてきた歴史ある大会です。2019年も国内外のプロ選手が多数出場していましたが、優勝を手にしたのは、現役大学生の金谷拓実選手でした。アマチュア選手による優勝は、当大会では史上4人目であり、2011年の松山英樹選手以来8年ぶりのこと。最終18番、金谷選手がイーグルを決めて優勝が確定した瞬間、会場全体に大きな歓声が起こりました。

そんなニューヒーローの誕生に沸いた2019年太平洋マスターズでしたが、観戦に訪れた人々がより快適で楽しく過ごせるようなコンテンツが多数用意されていたことも見逃せません。中継を見ながらランチやドリンクをいただけるギャラリープラザ、富士山をバックに記念撮影ができるフォトスポット、ゴルフグッズをお得に購入できるアウトレット、有名人の愛用品がゲットできるチャリティコーナー、選手の位置情報やライブスコアなど観戦に便利な大会公式アプリ、地元御殿場のグルメや宿泊券が当たるアプリ抽選会、御殿場市に再訪した時に使えるアプリクーポンなど。男子ツアーで初となるキャッシュレス決済が導入されたことも、2019年開催の注目すべきトピックスのひとつです。

2019年の太平洋マスターズで見事優勝を飾った金谷選手と、御殿場市の子どもたち。2019年からの新しい取り組みとして、子どもたちが選手に付き添う「エスコートキッズ」がスタート

御殿場市観光親善大使、御殿場小山ゴルフアンバサダーを務める芹澤信雄プロ、宮本勝昌選手も出場

太平洋マスターズ特設のギャラリープラザ。入口付近にも物販ブースなどが並び、終日多くの人で賑わっていました

会場内に設けられたフォトエリアにはパネルが設置され、多くの来場客が富士山をバックに写真撮影を楽しんでいました

大会のメインスポンサーである三井住友カードのブースでは、お楽しみ抽選会やキャッシュレス利用キャンペーンを実施

VISAのゴルフマーカー型プリペイド。太平洋マスターズ場内の店舗はすべてキャッシュレス対応となっていたため、スムースな決済が可能に
屋台、働く車見学など子どもが喜ぶコンテンツが満載

「家族と一緒に、太平洋マスターズへ遊びに来てほしい」。次世代のゴルファーの育成も見据えた主催側の願いにより、2018年より無料観戦エリアが誕生しました。土日限定で、5番ホール、6番ホール、7番ティーインググラウンド周辺を無料観戦エリアとして開放。このエリア内に、屋台コーナー、ご当地グルメブース、アクティビティ体験ブースなどお楽しみが盛りだくさんなミニプラザも登場し、子どもから大人まで多くの人が訪れました。

無料観戦エリアの6番ホールで、静かに試合を見守る来場者たち

無料観戦エリア内に特設されたミニプラザ。中央には休憩スペースがあり、落ち着いて飲食ができる空間に

ミニプラザ内に用意された、フットゴルフやスナッグゴルフの体験コーナー。ゴルフ人口を増やすための新しい取り組みのひとつ

ボールすくい、輪投げ、型抜きなどが楽しめる屋台コーナー。ちびっこが楽しめるコンテンツとして、今大会から新設されました

「働く車」見学コーナー。米軍が使用しているという、珍しい形の消防車や救急車なども大集合!

山芋と自然薯をつなぎに使った麺が特徴的な、御殿場グルメ「みくりやそば」のブース。お昼時には長蛇の列ができていました

メディアに多く取り上げられている「生フルーツゼリー専門店 フルフール御殿場」も出店
ゴルフ好きキッズを増やすためのイベントを開催!

太平洋マスターズの最終日。参加選手たちが白熱の試合を繰り広げる一方で、キッズ向けのスペシャルイベントが行われていました。ひとつは、今年初めて行われたフットゴルフ体験イベントです。来場している家族や小学生を対象に、全組通過後の5番・6番ホールを使用して行われました。内容は、サッカーボールを蹴りながら、約30ヤードの距離を3~4ホール回るというもの。ゴルフクラブこそ使いませんが、遊びながらゴルフのルールを学ぶことができるアクティビティなのです。

もうひとつのキッズイベントは、こちらも今年新たに導入されたスナッグゴルフ大会です。日本ゴルフツアー機構主催で、御殿場市内の小学生を対象に実施されました。スナッグゴルフは通常のゴルフよりもルールが易しく、初心者でも楽しくゴルフの基本を学ぶことができるスポーツ。参加した小学生たちもほとんどがゴルフ未経験者でしたが、青空の下、楽しそうにクラブを振っていました。

日本代表選手に教わりながら、フットゴルフに挑戦する子どもたち。ホールを目指してキック!

開会式には日本ゴルフツアー機構の青木功会長、御殿場市長も参加。青木会長からは「ここは日本一のゴルフ場。みなさんがいつかここでゴルフができることを願っています」と、子どもたちへメッセージが贈られました

お母さんにクラブの振り方を教わりながら、スナッグゴルフに初挑戦! 美しい芝生の上でプレイができたのは、非常に貴重な経験でしたね

スナッグゴルフに初挑戦した、小学2年生の小宮山杏果(もか)ちゃんと小学5年生の小宮山音杏(とあ)ちゃん。終了後、「難しかったけど楽しかった」と感想を聞かせてくれました

時代に合わせたコンテンツやサービスを取り入れて、進化を続ける太平洋マスターズ。来年はぜひ、家族や恋人を誘って太平洋クラブ御殿場コースへ足を運んでみてくださいね。

写真◎ 勝又義人