自然休養林ハイキング

富士山には数多くの景観を臨めるとともに、多種多様な植物や地形などの自然の神秘を感じることが出来るスポットも数多く存在します。その中から2ヵ所をピックアップして紹介します。自らの足で歩くことで、富士の歴史、大自然の神秘を感じて頂くことのできる素敵なスポットです!

幕岩(画像上)・・・一目見ただけでその大きさがわかる一枚岩。「幕岩」の最下部は約1万年前の溶岩。最上部は1707年の宝永大噴火のスコリアで出来ています。画像をご覧になれば幕岩の大きさはわかっていただけるかと思いますが、このスケールの大きさは、ぜひご自身で確認して頂きたい!!
二ツ塚(画像左)・・・別名双子山と呼ばれる場所です。天候がよければ、二ツ塚下塚(双子山下山)から山中湖・箱根山・伊豆・静岡由比などの展望を楽しむことができ、二ツ塚付近の砂礫地では、フジアザミやオンタデなどの植物を楽しむことができます。

右の画像はハイキングコースの画像です。二ツ塚、幕岩以外にも歩きながら自然を感じるスポットはたくさんあります。自分だけのお気に入りの風景を発見、野鳥や植物を歩きながら探すのもこのコースの楽しみ方の一つです。

右と上の画像は自然休養林の画像です。自然休養林とは森林のレクリエーション機能を発揮させるために設けられた施設のことです。林野庁が国有林の多目的利用のためにつくりました。

二ツ塚周辺に自生する高山植物。フジアザミ(左)、オンタデ(右)と呼ばれる植物です。フジアザミは山地帯から亜高山帯にかけての砂礫地や河原に生育する植物で、日本産のアザミの中では最も大きな花をつける植物です。オンタデは風衝地、砂礫地、岩礫地、火山の荒野など植物が生育しにくい土地で真っ先に生育をするパイオニア植物です。

本コースは御殿場口新五合目から幕岩付近を経由し、四辻を抜け二ツ塚下塚まで登るルートです。休養林内部は数多くの自然を肌で感じる場所があります。また、双ツ塚では天気が良ければ素晴らしい景観を臨むことができます。実際に足を運んで、その景観の感動を味わってください!

UTMFWEBサイト
フレンドシップサッカー教室お申し込み