富士下山

御殿場口の魅力が最大に詰まっているトレイル!!7kmにも火山灰地が広がり、急な斜面を下るため走り幅が一歩で2mを超え、面白いように早く下ることができます。歩くたびに足首まで沈み込み、足への負担
を軽減します。御殿場市全景を
はじめ、箱根連山、駿河湾の景
色や、宝永山を横目に眺めなが
ら一気に下る気分は爽快といえるでしょう!

砂地を登った先に見える、広大な景色の事を考えながらひたすら登る宝永火口。

登りきったらちょっと寄り道。宝永山頂上から見える景色も楽しみの1つ。

富士山の南東側山腹には大きな噴火口があります。江戸時代に噴火した、富士山では最も新しい宝永山の噴火口(標高2693m)で、宝永山遊歩道は富士宮口5合目をスタートし、宝永山山頂を経由して御殿場口に降りてくるコースになり、2つの登山道を1度に体験できるコースです。

コースの魅力の1つ、宝永火口の中はまるで蟻地獄のような世界。火口の一番下からは見上げないと富士山は見えないくらい、ダイナミックな姿を堪能できます。蟻地獄のような火口を登りきると見渡す限りの砂地が広がり、5分ほどで寄り道できる宝永山山頂からは、駿河湾をとりまく壮大な景色が望めます。

また、もう1つの魅力、御殿場口下山道名物「大砂走り」を日帰りで楽しめてしまう。山頂を目指すことが目標ではなく、大砂走りを楽しむが目標に!「御殿場口から登るのは辛い、でも大砂走りを体験したい!」、標高の低い御殿場口から登らずとも行けるコースなので、比較的楽に大砂走りを楽しめる唯一のコース!

是非、アトラクション感覚で富士山を駆け抜けることを体験してみませんか?

UTMFWEBサイト
フレンドシップサッカー教室お申し込み