プリンスルート

   皇太子徳仁親王殿下が平成20年(2008年)8月7日から8日にかけて富士登山をされた折にご利用になったルートです。プリンス(Prince)とは、英語で『王子』を意味しますが、同様に『皇太子』も表すために、この名称が一般化したようです。
富士山富士宮・御殿場ルートの良いところを取り入れたコースで、富士山の魅力をたっぷりと味わいたい方におすすめです。 比較的に御殿場口からよりも登りやすく、御殿場口とは異なり、歩くごとに変化する風景を楽しみ、宝永山の火口を登る体験ができる!スタートは富士宮口五合目です。標高2400mの高所からスタートするので御殿場口に比べると道のりが比較的短い。宝永山を登りきると、御殿場口に合流。右手に見える大砂走りを横目に山頂を目指します。 下山道では御殿場口だけでしか味わえない、アトラクション感覚で駆け下りる大砂走りを堪能しよう。

江戸時代に噴火した「宝永火口」を通るので、ダイナミックで迫力のある風景を眺めることが出来ます。山頂の火口には入ることが出来ませんが、宝永山は火口の中を登ります。通常の登山では体験できない魅力。また、宝永山に立ち寄ることが出来る
ので、プリンスルートでは富士山と
宝永山の二つの山頂に立つことが
出来るのです。

富士登山ルートは登山口によって、登山道の路面状況が異なる。富士宮口では岩が転がっている場所が多いため時折、岩の段差を乗り越えて登っていく箇所がある。しかし、プリンスルートを利用すると岩の段差がある個所は山頂近くの一部に限られるため、登りやすい。特に、高齢の方や歩幅の小さい女性ほど、段差の大きな箇所は肉体的な負担を強いられます。小さい一歩ずつでも大丈夫で、自分の歩幅で歩くことが出来る砂礫状のルートは大きなメリット。

御殿場口下山道といったらアトラクション感覚で駆け下りられる大砂走り!!御殿場口と富士宮口の標高差は約900mも富士宮口が高いので、御殿場口から登るより比較的に楽になります。一歩で2m~3m下ることでアトラクション感覚で下ることが出来る。また、右手に宝永山、前方には御殿場市全景、左手には山中湖など、広域に大砂走りからの景色を眺めることもできる。しかし、景色を眺めながら、駆け下ることは怪我の危険に繋がりますので、止めましょう!!

UTMFWEBサイト
フレンドシップサッカー教室お申し込み